植物工場

 
 

本事業の概要

 
当社は、農業法人を設立して農業事業に参入しますが、農業事業は簡単に収益性の向上・収益の安定化を図れるものではないので、ソーラーシェアリング・アクアポニックス・植物工場の農業3事業を展開するにあたり、再生可能エネルギー(太陽光発電・太陽熱発電)を併用することにより農業事業が軌道に乗るまでは農業事業以外からの収入源を確保します。
  

植物工場とは?

 
植物工場とは、建物等の屋内で野菜や果物の栽培を行う農業になります。
  
資源を節約でき環境に優しい
 作物を栽培するのに必要な水の量は温室やハウスなどで必要な量の約1/50です。

作業が軽作業で簡単
 素人でも栽培が可能。
 炎暑・極寒下の農作業から解放されるので高齢者・障害者でも就労が可能。
 
農地が不要
    農地が入手できなくても参入が可能。
 中山間地でも立地が可能。

移動が簡単
 その時々の植物の大きさにあわせて苗の移動が容易であり最大限の密度での栽培が可能。
    

オフグリッドとオングリッド

  
・  オフグリッドとは、電力会社と送電線がつながっていない状態のこと。
   自家消費電源の早期事業化を求める人には、オフグリッド太陽光発電は最適のシステムです。
 
・  オングリッドとは、電力会社と送電線がつながっている状態のこと。
   逆潮流対策や電力会社との協議が必要です。
   システムの稼働まで自家消費型でも約6カ月ほど必要です。
 

太陽光発電付き植物工場

 
太陽光発電付き植物工場とは、植物工場に太陽光発電がセットになっている施設です。
 
太陽光発電+蓄電池により24時間電気の供給が可能になり高額な電気代問題が解消できるようになります。
 
使用する電力量を上回る発電量が得られた場合、固定価格買取制度(FIT制度)の売電事業により売電益も得られるので、ランニングコストの軽減化が図れるようになります。



〒962-0201
福島県須賀川市志茂字六角65

TEL:0120-522-777


    

    お問い合わせ時間


10:00~19:00

問い合わせフォームでのお問い合わせは、24時間受け付けております。

休日:土曜日・日曜日・祝日