廃寮活用

 
 
ソース画像を表示
 

廃寮活用ビジネスを始めた経緯

 
当社では、①再生可能エネルギー事業 ②建物建設事業 ③農業事業 ④街づくり事業を4本柱として多岐に亘る事業を展開していますが、本事業は、日本の社会が向き合わなければならない急速に進む高齢化と少子化時代、それに伴う急速に進む人口減少と生産年齢人口の減少を見据え、今後、増加することが確実視されている廃寮を活用するビジネスモデルを事業化しました。
 

廃寮活用ビジネススキーム

 
 
 
当社が構築する廃寮活用ビジネスモデルは、本事業の兄弟事業といえる廃校活用ビジネスモデルと同様のスキームになります。
つまり、上記の様に①再生可能エネルギー事業 ②建物建設事業 ③農業事業 ④街づくり事業を複合的に組み合わせて構築したモデルになります。
これにより、新規雇用の創出と生産年齢人口層の流入を促す対策を講じ、子育て世代の定住の促進と税収のアップ、交流人口の促進による地域の活性化を図ります。
違いは対象者であり、廃校活用ビジネスモデルは公営施設に対し、廃寮ビジネスモデルは公営施設および民間施設になります。
 
 
 
 
 
廃寮活用ビジネスモデルも、廃校活用ビジネスモデルと同様に当社が展開している新築戸建て住宅を主軸としたビジネスモデルですので、本事業の提供地方自治体は限定されます。
(廃寮の所在地が、提供地方自治体以外の場合、本事業は利用できません)
つまり、新築戸建て住宅や公営コレクティブハウスと同様に本事業ノウハウを活用できる地方自治体は限定されることになりますので、これにより、人口の流入・流出を促進し、廃校活用ビジネスモデルと同様に2040年消滅可能性地方自治体の時期の前倒しを目的としている本事業の提供地方自治体は、通勤圏内とされている50㎞圏内に1地方自治体と想定していますので、全国で本事業を活用できる地方自治体の数は100地方自治体としています。



〒962-0201
福島県須賀川市志茂字六角65

TEL:0120-522-777


    

    お問い合わせ時間


10:00~19:00

問い合わせフォームでのお問い合わせは、24時間受け付けております。

休日:土曜日・日曜日・祝日