オール電化 推進事業

  
 

オール電化とは


オール電化とは、住宅にある生活家電をすべて電力によりまかなえるものにすると言う意味です。
具体的には、これまで、ガスを使用していたガステーブルをIHクッキングヒーターに交換し、ガス給湯器を、エコキュートまたは電気温水器に変える。

また、石油ファンヒーターやガスファンヒーターを、エアコン、床暖房、蓄熱ヒーターなどに交換することを指します。
さらには、太陽光発電システムなどを導入し、家で使う電力を自宅で作ることも広義では含まれます。
これにより、これまで必要だったガス代を0円にでき、電気に一本化することができます。
 

オール電化推進事業とは


オール電化は、環境に対して優しいという側面がありますので、当社では、太陽光発電・蓄電池のPPAモデルを利用した初期費用ゼロ設置の促進同様にオール電化の初期費用ゼロ設置の促進を行います。
オール電化の代表的な給湯システムであるエコキュートは、二酸化炭素を冷媒としてお湯を沸かすことから効率的に沸かすことができますので、提携地方自治体の戸建て住宅を限定にPPAモデルでの設置を推進していきます。
 

オフグリッド地方自治体推進の第一弾


本事業は、当社が目指す、オフグリッド地方自治体を実現するための第一弾になります。
一般家庭・アパート(居住用建物) 事業用建物  公共施設 の優先順で、オフグリッドを構築することを目指していますので、第一弾である本事業の事業達成が見込めれば、第二弾・第三弾の事業化も見えてきます。
その最終形が、オフグリッド地方自治体になりますので、当社のPPAモデル事業(再生可能エネルギー設備無償設置事業)により初期費用ゼロで同システムの構築を推進することになります。

オール電化推進について


提携する地方自治体に限定で提供する本事業は、建物の所有者にも当該地方自治体にもメリットが大きい事業になります。
地方自治体にとっては、本事業と耐震補強工事事業・屋根リフォーム工事事業・外壁リフォーム工事事業は、地方活性化の対象となる地方自治体限定でのパッケージ提供になりますので、本事業を含めた4事業の事業化により人口の流出対策を行えることになります。
建物の所有者にとっては、年々、高くなっていっている光熱費の抑制を図れ、他にも、すべてではないですが、オール電化の導入により火災のリスクが減ることにより火災保険料の削減を見込めます。
このように、住宅で使用する機器を、オール電化に変更することで得られるメリットは、目に見える形で現れます。
当社では、再生可能エネルギー設備の普及促進の一環として地域限定ではありますが、オール電化の初期費用ゼロ設置を推進していきます。



〒962-0201
福島県須賀川市志茂字六角65

TEL:0120-522-777


    

    お問い合わせ時間


10:00~19:00

問い合わせフォームでのお問い合わせは、24時間受け付けております。

休日:土曜日・日曜日・祝日